子どものころの記憶

今年も花をたくさん付けて、咲き誇るタイム。
表面を撫でると爽やかな香りがひろがって、気持ちがしゃんとします。

少しずつひろがって、一面に咲いてくれるようになりました。
これを夢みて2株だけ植えたんです。

タイムは、
勇気や情熱、変革、強さがテーマのオイル。

今までのネガティブなパターンに気づき、自らの意思でそれらから卒業する勇気をもたらします。行動や実行力を高め、あらゆる障害物を乗り越える強さを与えてくれます。

私はこのオイルをはじめて香ったとき、
その鋭くキレのある香りは、眉間にシワがよるくらい強く感じました。

そして浮かんできたのは

中年のスーツを着た男性でした。

重い香りの香水を身につけ、ダブルのスーツを着込んだその人は、メントールの効いたタブレットをポケットにいれ、難しい顔をして仕事へ向かう様子。
そして亭主関白。
ちょっと近づけない感じ。

そんな小さな自分が私の中にいたことを知って、幼少のころに感じた思いをじっくり味わい香りとともに昇華していきました。

それから、「香りで心身に働きかける」ってこういうことなのかとヤングリビングの製品のパワフルさに魅せられていったんです。

今朝はタイムをみて、そんな体験を思い出しました。




















0コメント

  • 1000 / 1000